長崎日大 スズキ・メソード バイオリンアカデミー

好きな演奏家

近澤の好きな演奏家の一人に、ヒラリー・ハーンがいます。



ヒラリー・ハーンはアメリカの女性ヴァイオリニストで、まだ若手の演奏家です。
彼女の音は、知的で、内に秘めた情熱を持った音に感じます。
一度、ラジオでハーンの演奏するシベリウスのヴァイオリン協奏曲が流れていたのですが、音を聴いた瞬間にわかる、個性を持った音です。
また、非常に高い技術を持っていて、およそ完璧な演奏に聴こえます。

ある日、シカゴ交響楽団のホームページでハーンの演奏が聞けるとの情報を聞き、早速視聴しました。
曲目はゴルトマルクのヴァイオリン協奏曲です。(ほかには、ワーグナー:「さまよえるオランダ人」序曲、チャイコフスキー:交響曲第6番「悲愴」/シャルル・デュトワ指揮)
このゴルトマルクも近澤が好きな曲の一つなのです。
ゴルトマルクはハンガリー出身で、しかし(おそらく)ウィーンで活躍したロマン派の作曲家です。
決して有名ではないこの作曲家の協奏曲は、第2楽章がアリアと呼ばれ、非常に叙情的に書かれています。
僕は1楽章や3楽章のカッチリとした雰囲気や、典型的なフーガが好きなのです。

そんな近澤の好きな曲を好きな演奏家が弾くのですから、なんともうれしい限りです。

さらにさらに、アンコールにシューベルト作曲「魔王」を弾いています。
「魔王って歌曲じゃないの?」と思うでしょうが、ハインリヒ・ヴィルヘルム・エルンストという作曲家がヴァイオリン独奏用に編曲しているのです。
超絶技巧を難なく演奏しています。

シカゴ交響楽団HP→LISTEN&WATCH→CSO Radio→CSO Radio Releases 2ページ目「Dutoit Conducts the Pathétique」から聴けます。
いつまで視聴可能なのかが気になるところです。
[PR]



by ug_tikka | 2010-05-22 00:21 | 音楽

最新のトラックバック

落とすかな?
from Anything Story

検索

ブログパーツ

最新の記事

コレクション
at 2015-10-07 15:10
体の使い方を考える
at 2015-10-07 08:42
Facebook始めました
at 2014-05-11 10:27
宣伝
at 2011-06-30 21:50
12音
at 2011-06-30 21:33

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧